しずおか文化のページしずおか世界翻訳コンクール→第4回しずおか世界翻訳コンクール審査結果

第4回しずおか世界翻訳コンクール審査結果

(審査会 2003年6月30日 於静岡市)
-英語の部- 
-韓国語の部- 
最優秀賞
Kenneth J. BRYSON (アメリカ)
ケネス・J・ブライソン

アメリカ ジョージア州
米国国立疾病対策センター(建築技官)
(小説) 村田喜代子「望潮」
(評論) 丸谷才一「花柳小説論ノート」 

優秀賞
Nancy H. ROSS(アメリカ)
ナンシー・H・ロス

広島県福山市
マツダ株式会社(翻訳・翻訳指導)
(小説) 海老沢泰久「眼下のゲーム」
(評論) 茨木のり子「美しい言葉とは

優秀賞
John G. B.TOWNSEND(アメリカ)
ジョン・G・B・タウンゼンド

アメリカ ニューヨーク州
セントピーター病院(事務)
(小説) 海老沢泰久「眼下のゲーム」
(評論) 林 達夫「ジャーナリズム」

奨励賞
Luke RAZZELL(イギリス)
ルーク・ラゼル

英国 ロンドン
ピアノ教師
(小説) 村田喜代子「望潮」
(評論) 丸谷才一「花柳小説論ノート」  

奨励賞
Matthew J. ALDRIDGE(イギリス)
マシュー・J・アルドリッジ

大阪府大阪市
イフ外語学院(講師)
(小説) 海老沢泰久「眼下のゲーム」
(評論) 林 達夫「ジャーナリズム」   

                                   
最優秀賞
金 命巡韓国
キム ミョンスン

京都市上京区
佛教大学(社会学部応用社会学科/研究生)

(小説) 村田喜代子「望潮」
(評論) 丸谷才一「花柳小説論ノート」 

優秀
西門 敏(韓国)
ソムン ミン

韓国 ソウル市
金・張法律事務所(商標部スタッフ)

(小説) 川上弘美「溺レる」
(評論) 林 達夫「ジャーナリズム」

優秀
吉 英淑(韓国
ギル ヨンスク

韓国 ソウル市
ソウル外国語大学院大学校(日本語通訳翻訳学科/講師)

(小説) 海老沢泰久「眼下のゲーム」
(評論) 茨木のり子「美しい言葉とは」 

奨励賞
崔 之銀
(韓国

チョイ ジウン

韓国釜山広域市
主婦
(小説) 海老沢泰久「眼下のゲーム」
(評論) 林 達夫「ジャーナリズム」

奨励賞
金 順熙韓国
キム スンヒ

東京都 豊島区
国學院大學大学院(日本文学/博士課程学生)

(小説) 川上弘美「溺レる」
(評論) 丸谷才一「花柳小説論ノート」 
 

審 査 風 景
審査風景1 審査風景2
審査結果発表   最優秀賞受賞者には、静岡県知事・ドナルド キーン審査委員長・
  呉 英珍審査員から直接通知
審査風景3 審査風景4
英語部門審査風景 ドナルド・キーン審査委員長
審査風景5 審査風景6
大岡 信 審査委員 ジャニーン・バイチマン 審査委員
審査風景7 審査風景8
呉 英珍 審査委員 水野 俊平審査委員

最優秀賞受賞者プロフィール
■英語部門
Kenneth J. Bryson  (ケネス J. ブライソン)
米軍勤務の父の仕事で少年時、日本に滞在。ジョージア州立工科大学を中退して日本万博通訳ガイド、ベトナム出征を経て、復学。卒業後、建築設計業務に携わる。現在は米国国立疾病対策センター建築技官。
「子供の頃から日本の言葉、風俗、歴史や文学が好きで、修行のために挑戦しました。コンクールの課題を手にして翻訳という仕事の難しさと複雑さを改めて感じました。」
■韓国語部門
金 命巡 (キム ミョンスン)
韓国円光大学在学中に1年間仏教大学に留学。円光大学卒業後商社に1年間勤務。2002年より再び仏教大学に留学。現在社会学部応用社会学科研究生。「日本文芸書の翻訳家を志して来日し、現在の翻訳の実力を測りたくて応募した次第です。個々の単語や語法等の理解は必須ですが、背景にある感性や情景など、いわば異国社会の時代精神や文化に対する洞察力の涵養がいかに重要であるかを痛感しました。」

審査員評
英語部門(ドナルド・キーン審査委員長)
このコンクールは、審査終了まで応募者のプロフィール等が審査員に知らされておらず、結果が出てから驚くことが多い。今回も新鮮な驚きがあった。異文化間の相互理解には翻訳は欠かせない。このコンクールは、人々の翻訳への興味を喚起する意味で大変重要であり、そのための尽力は惜しまない。
最優秀賞の作品は、全般的に誤りが少なく、言葉だけでなく課題の内容に対する理解が深かった。
韓国語部門(呉 英珍審査委員)
韓国では、高校の第2外国語として日本語を学ぶ生徒も多く、大学にも相当数の日本語学習者がいる。
この翻訳コンクールは最高の水準であり、韓国内の一般の人々の関心も大変高かった。
最優秀賞の作品は日本語の解釈はもとより翻訳した韓国語の美しさが際立っていた。味わい深い作品が選ばれ、大変喜ばしい。

第4回開催結果 BACK

ご意見・ご要望をお聞かせください。info@izufes.net
しずおか文化のページしずおか世界翻訳コンクール→第4回しずおか世界翻訳コンクール審査結果