しずおか文化のページ伊豆文学フェスティバル→第9回伊豆文学賞受賞作品決定
伊豆文学フェスティバル
| TOPに戻る |
第9回伊豆文学賞
受賞作品決定

伊豆を題材にした文学作品を公募した第9回伊豆文学賞の審査会が1月12日(木)に熱海市で行われ、受賞作品が次のとおり決定しました。

審査結果
作品名(部門) 氏  名 居住地
最優秀賞 奈緒(小説) 西村 美佳孝 静岡県浜松市
優 秀 賞 風待ち(小説) 片桐 泰志 静岡県掛川市
初照(小説) 佐藤 和哉 静岡県南伊豆町
佳  作 アイゴー・アミーゴ(小説) 松下 早穂 神奈川県茅ヶ崎市
中居の生活(随筆) 坂東 亜里 東京都世田谷区

◆ 最優秀賞受賞者プロフィール・伊豆文学賞、伊豆への思い
浜松市在住、40才。ミニコミ誌「あさがおだより」の創刊から記者として活躍。2年前に家族旅行で訪れた雲見温泉で出会った少女に興味をひかれた。こういう漁師町の若い子たちは、何を考えどんな暮らしをしているのかと想像をふくらませ物語を温めてきた。
伊豆文学賞へは今回が始めての応募。
静岡新聞夕刊の社会時評「窓辺」を執筆(2006年4月から6月までの毎金曜日)
◆ 受賞のコメント
  とてもうれしいです。これを励みにさらに精進したいと思います。
◆ 審査委員コメント
  【応募作品について】
・ 
近代文学の土台となった「伊豆」を冠した文学賞にふさわしい作品が多く集まった。
・  伊豆の自然、歴史から新たな素材やテーマを引き出した作品がみられた。
【最優秀賞受賞について】
・  書き出しから引き込まれ、読者を捉えて放さない魅力があり、読後には独特の余韻を感じさせるインパクトがある。
◆ 審査委員
  杉本苑子 (第48回直木賞受賞)  平成14年度文化勲章受章
三木 卓 (第69回芥川賞受賞)
  村松友視 (第87回直木賞受賞)
◆
  最優秀賞 賞金 100万円 、「伊豆半島滞在券」
  優秀賞 賞金 20万円 、記念品
  佳 作 賞金 5万円 、記念品
◆ 表彰式
  期   日 平成18年3月4日(土)
会   場 韮山時代劇場(伊豆の国市)
  内   容 14:00〜14:30  表彰式
14:45〜15:45 
審査委員による講評会
入賞作品の評価や思いなどを審査委員の先生方にお話していただきました。
◆ 募集結果
  募集期間  平成18年4月11日〜10月5日
  応募総数 229件(前回より20件減)
  部門別件数 小説:187件、紀行文:11件、随筆:31件
10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 不詳
15 28 41 50 40 31 11
居住地別件数
静岡県 愛知県 東京都 神奈川県 埼玉県 その他
95 46 24 48

入賞作品のあらすじ  ←クリックすると「あらすじ」ページを表示できます。

審査委員選評       ←クリックすると「選評」ページを表示できます。

第9回伊豆文学賞優秀作品集『奈緒』が刊行されました

入賞作品5編と審査委員の選評を収録


書 名 第9回伊豆文学賞優秀作品集『奈緒』
編 者 伊豆文学フェスティバル実行委員会
発行所 静岡新聞社
電 話 054-284-1666
発行日 平成18年3月4日
定 価 1,300円(税込)
ISBN 4−7838−1110−5


ご意見・ご要望をお聞かせください。info@izufes.net
しずおか文化のページ伊豆文学フェスティバル→第9回伊豆文学賞受賞作品決定